自社工場 T's LAB について

T's LABは2016年7月ベトナムに設立されたエド・インターの自社工場です。T's LABはアジアで唯一の日系木製知育玩具専門工場で、日本の厳格な基準である食品衛生法や、ST(日本玩具協会)の品質基準はもちろん、CE(EU加盟国の品質基準)も満たした商品を提供できる工場です。

自社工場 T's LAB について

T's LABの名前に込めた想い

T's LABの「T」はTREE(WOOD)とTOY、「LAB」は研究室を意味しています。
ただの生産拠点ではなく、生産を通して木のこと、玩具のことを研究し続け、世界中の子どもたちに笑顔を与える商品を創り出すことを目的としています

ベトナムを選んだ理由

自社工場をベトナムに立ち上げた3つの理由は

●木材
木材となるゴムの木がとても豊富であること

●人
手先が器用で、勤勉さが日本にとても似ていること
子どもが手にするものなので、最高の触り心地を追求し、心を込めて丁寧に磨き上げています。

●品質
品質を保つための人手が豊富なこと
木製玩具はプラスチック製の玩具とは異なり、人の手で切り出し、組み上げ、さらに磨きをかけることで品質を高めていくことが大切です。
これはとても時間がかかることでもあります。
人手が豊富なベトナムでは、細部に気を配る高品質な玩具生産が実現可能です

木のおもちゃができるまで 1、木材を切る

形状にあわせ様々な機械を使い、決められた大きさや形に切り分けていきます。
写真の機械では6つの刃で様々な形に自動で切ることができます。

2、部品加工

ひとつひとつの部品に、穴開けなどの加工をします。

3、研磨

切り分けが終わったあと、研磨の機械を使って人の手でひとつずつ丁寧に、表面が滑らかになるように仕上げていきます。

4、塗装・焼印・プリント

滑らかに磨き上げられた木材を塗装します。塗装では、CEやSTの基準に合格した安全な塗料を使って部品に色を塗っていきます。
塗装後は木材の形状に合わせた手法でプリントを行います。白木には焼印加工も可能です。


6、組み立て

完成した部品をひとつずつ人の手で組み立てていきます。

7、最終検品

空調設備の整った、密閉空間にて、マスク、帽子を着用し、表面の仕上げの状態、機能的な欠陥がないか、汚れなどを検査します。

8、梱包

丁寧に箱詰めされ、子どもたちのもとへ届けられます。
TOPへ